« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月

2011年11月30日 (水)

らーめんマン【ときせい】@両国 2回目

みなさんこんにちは。
ようやく、らーめんを食べても汗をかかなくていい季節になりましたね!
気温と湿度が低い快適な日を「らーめん日和」と呼ぶ池辺です。

今回ご紹介するらーめん屋は2度目の登場

【ときせい@両国】です!

実は僕はめったに「味噌らーめん」は食べません。
嫌いなわけではないのですが、圧倒的に醤油ベースと豚骨ベースが好きだからです。
ところが、ここ「ときせい」は違います!
ここの味噌スープは本当に格別に美味しいんですってば、奥さん♬

僕は幼少のころより「バカの一つ覚え」が治らないので、
気に入ったらーめんを発見すると、その他のメニューを注文できないんです。
だから今回もいつものこれです「こってり味噌」!!
間違いないっす!!

携帯の方はこちら

そして今回は、らーめんマン池辺流のごはんの食し方をご紹介します。
これはこってり系スープのらーめんの時のみ、このようにして食べます。

携帯の方はこちら

こうするだけで、なんとなくらーめん通っぽい食べ方になると思いません?
そしてご飯茶碗にダイレクトにかけると「猫まんまみたいなの止めなさい!!」
って、お母ちゃんに怒られる心配なくスープとご飯のハーモニーを楽しめるのでおススメですw

さて、僕は次回ときせいに行って違うメニューを頼めるのだろうか!?


【ときせい】@両国

TEL 03-3632-5599
住所 東京都墨田区緑1-2-2 葵ビル1F


大きな地図で見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月29日 (火)

らーめんマン【横浜家系らーめん じゃん家】@松戸

みなさんこんにちは。

もうそろそろ、「お願いランキング」から、らーめん関連のテーマで
出演のオファーがあってもいいんじゃないかと思ってる池辺です。
まぁ、そもそも味音痴なので評価できないからダメですかね・・・

だいたいのらーめんを「美味しい〜!!」って感じてしまう僕ですが、
久しぶりに『てげ、うめぇっちゃ〜!!!!!!!』(宮崎弁)と叫んでしまうほど
激旨い 「家系らーめん」 に出会ったので紹介します!

そこは都内ではなく千葉県の松戸駅でした。

【横浜家系らーめん じゃん家】@松戸

Webimg_2058 Webimg_2056


いやぁ〜、本当に旨かったんですよ!すごく深みのあるスープで
まろやかなんですけど、パンチがあって・・・
うだうだ解説なんかしてる場合じゃないっす、動画をご覧下さい!

携帯の方はこちら

実はこの日、僕は二日酔いだったんです。。。
だかららーめん食べに行こうって言われたとき思いっきりドン引きでした…
しかもコテコテの家系だなんて、リバース確実だろう!って。。。

でも僕はらーめんマンだから、ここは食べなきゃダメだってらめーん神からの声が聞こえたんです。

スープを一口味見した瞬間!思わず言葉が出てしまいました
『まいう〜〜!!』
そしてその瞬間、さっきまでの二日酔いもぶっ飛んでしまったんです。

基本、家系のとんこつって非常にくさいので好き嫌いはわかれると思うんですが、
ここのスープはそんなにくさくないので女性でも美味しく食べれるはずです!
その証拠に女性のお客様がとても多かった!

久々に大興奮しながらのレポートでした。
らーめんマン池辺の超おススメ店です!!!

Webimg_2055

【横浜家系らーめん じゃん家】

TEL 047-312-3737
住所 千葉県松戸市松戸1164-1 シェスタビル2 1F


大きな地図で見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月22日 (火)

らーめんマン【蔵前元楽】

らーめん、食ってるかぁ〜!!

らーめん大好き池辺です。
基本、このブログ「らーめんマン」は、美味しいらーめんについて蘊蓄を語ったり、
話題のらーめん店を紹介したりなんてめんどくさいことはしておりません。

しかも池辺は基本「味音痴」なので、美味しいかそうでなかったかしか評価できません。

それなのに、多くの方から「らーめんマン読んでるよ!」とか、
「らーめんばっか食べてると太るよ〜〜」など、ご感想を頂いちゃったりしてます。
なので、これからはもう少しディティールとクオリティーをアップして
ご紹介していきたいとおもっちょる次第です。

ですが…
言っても、味音痴なのは変わらないので上手に表現できません。
なので池辺流で面白みを追加していければと考えているわけです。

前置きが長くなってしまいましたが、今回ご紹介するらーめん屋もおススメの店です!

【蔵前元楽】
けっこうな有名店なのでみなさんご存知かもしれませんね。

ではあーだーこーだー言わずに動画でご紹介します。

携帯の方はこちら

僕が注文したのは「元らーめん」こちらは醤油味。
背油を多めにしてもらったのですが大成功です!
塩味の「楽らーめん」も人気だそうなので次回挑戦してみます。

この元楽は、以前入っていたインキュベーターオフィスの近くだったので
たまに行っていたのですが、両国に移ってからはずいぶんご無沙汰してました。
好きだった女子に再会したような、そんな気持ちになりました♥

【蔵前元楽】
TEL 03-3851-4537
住所 東京都台東区蔵前2-12-3


大きな地図で見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月21日 (月)

ポカポカ天気の日限定【ゼノランチはじめました】

みなさんこんにちは、ランチタイム大好き池辺です。

ゼノメディアブレンドでは、本日の様にポカポカ陽気の日には
屋上にて【ゼノランチ】を開催しております。

ゼノランチの様子を動画でご覧下さい↓


携帯の方はこちら

これだけスカイツリーの近所に所在しておきながら
全くスカイツリーが見えない高層ビルに囲まれた素晴らしい環境、
唯一楽しめるのは後ろにある「回向院」の墓地という弊社ならではの景色を楽しみながら
ポカポカ陽気の中、ランチを楽しめる素敵な企画です。

是非「ゼノランチ」に参加したい方がいましたらご連絡ください。

ただし、これからはすんげー寒いと思いますけどヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【コレジャナイロボ生誕10周年記念展】パーティーに行ってきました

みなさんこんにちは。

コンバトラーV、ボルテスファイブ、ゲッターロボ、鋼鉄ジーク、
ダグラス、ボトムス、イデオン、マクロス、etc・・・
幼少の頃より、意外とロボアニメファンの池辺です。

そんな子供の頃からの「ロボ」へのあこがれを違う形で実現した方達がいます。

それが「ザリガニワークス」の武笠さんと坂本さんのお二人です。
そんな二人が作り上げた「ロボ」が…

『コレジャナイロボ』なのです!

コレジャナイロボの歴史など詳細は上記のオフィシャルサイトで確認してもらって、
今回はこのコレジャナイロボの10周年記念イベントのパーティーにご招待いただいたので
「バカサミット」のメンバーと行ってきました。

場所はなんと、新宿にある「ペンタックスフォーラム」!!

ここで今回のイベント『コレジャナイロボ10年の歩み そして未来へ』が開催されています。
http://www.pentax.jp/forum/2011/10/20111116.html

まず会場に入ると、これまで制作された様々なコラボロボが、ずらりと展示されています!

01

司会コンビのイケとマヅーカは、そのバリエーションの多さに驚きMAXでした!!

Photo

そしてこれまでの歴史を彼らの言葉で伝えられています。
今だからこそ、有名になった「コレジャナイロボ」ですが、やはりその道のりは
険しく困難だったことが伺えます。

Photo_2

「辞めなかったから10年経っちゃったんですよ〜」と軽〜く受け流す武笠さんですが。
その「辞めない」ということがどれだけ大変だったかってことは、よくわかってます。
この柔らかいルックスの裏側に、信念とプライドをひしひしと感じるのです。
だから記念にバカサミットメンバーで記念写真を撮りました。

Photo_3

会場には何でも自由に描いていいというホワイトボードがあったので、
絶対実現してよと期待を込めて「両国ちゃんこモデル」を描いてきた!

Photo_4
話題の両国なので、高齢層に絶対売れるはず!!

10年間も未婚でコレジャナイロボの開発に注力してきた坂本さんに
労いの意を込めて「あ〜ん♥」してあげました。

Photo_5

パーティーはクライマックスを迎え、10周年記念ケーキの登場です!!

Photo_6 Photo_7
二人で「ふぅ〜!!」ってやっちゃってます♥
特にイベントでのトークなどを見る二人の絶妙なトークが大好きです。
バランスといい、完璧な間のタイミングといい、計算されているものではなく、
日常の関係性からごく自然に完成したコンビネーションであることをいつも感じ、感動します。
ゆるーいんだけど、ダラダラする訳でもなく、そして確実に「つぼ」に落とし込んでくるセンス。
言葉で笑わせたり画像や写真で笑わせたり変化自在なんです!
僕はそんなこの二人のトークスタイルに憧れているんです。

さらについでにですが、この日の2日前が坂本氏の誕生日だったということで、
スペシャルケーキができてきました!おめでとうございます。

Photo_8

そしてスペシャルゲストに「コレジャナイボーイ」が登場しました!
彼はオフィシャルサイトに登場している男の子です。
▶オフィシャルサイトはこちら

現在は11歳のボーイですが、この時は4歳だったとか。
歴史を感じますね〜〜〜
では貫禄のコレジャナイポーズをご覧ください。

02


というわけで、パーティーは盛大に行われ大盛り上がりでした。
そんな中、僕はフリードリンクのビールを4杯も飲んで最高にご機嫌になり、
ジョーカーと料理に出てきたチキンを二人締めで食べまくりーので大満足、大満腹。

そんでもってペンタックスフォーラムの中を酔拳の足取りでうろうろしていると・・・
なんと、コレジャナイロボモデルで有名なあの一眼レフカメラ「k-x」に、
「ゼノメディアブレンドシグネイチャーモデル」がラインナップに入ってるじゃないですか!

Photo_9

このグリーンの色使いはまさしくゼノのコーポレートカラーです!
こっそり作っちゃうなんて、なんて意気でいなせなんでしょペンタックスさん♥

酔っぱらうと気分上々でメガポジティブになってしまう池辺でした。

何はともあれ、「継続は力なり」をこの素晴らしいパーティーで実証してくれた
ザリガニワークス、武笠さん坂本さん。
10周年本当におめでとうございます!

そのゆるーいスタイルで、これからも世に必要とされないプロダクトの開発で
世界平和を実現してくれることを楽しみにしています。

最後に、会場で頂いたお土産袋に何が入ってたか動画でご紹介します。

携帯の方はこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月 9日 (水)

らーめんマン【製麺所 豚とこむぎ 2號】

みなさんこんにちは。

豚肉と小麦色の肌のレディーが大好物な池辺です。

最近、新しいらーめん屋さんに挑戦してみるも、
ことごとくハズレを引いてばかりだったのでちょっと冒険を忘れておりました。
好きならーめん屋さんばかり行っていたのです。

これじゃー、らーめんマンとしてのプライドが許さない!
と、感じた僕は久しぶりに新しいらーめん屋さんに挑戦しました。

結果から言いますと…
「美味しい〜〜!!」大満足でした!

【製麺所 豚とこむぎ 2號】

Webimg_1971

初めてのらーめん屋さんなのに、期間限定の「梅そば」を頼んでしまいました。
理由はキャンペーン中で¥500だったからです!安い!!


Webimg_1972

動画で見るとチャーシューのボリュームがごいす〜!!

よく見ると…「女子大生が考案した限定らーめん」だった!
そうかぁ〜女子大生が作ったんだから美味しいはずだ♥

【製麺所 豚とこむぎ 2號】

TEL 03-6272-9993
※お問い合わせの際は「"食べログ"を見た」とお伝えいただければ幸いです。
住所 東京都千代田区神田神保町3-10 宝栄ビル1F


大きな地図で見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月 8日 (火)

【IPPON !!】絶対獲ってやる!!

みなさんこんにちは。

三度の飯よりお笑いが大好きな池辺です。

最近見たお笑い番組の中で、もの凄く大笑いしたのが、先日フジテレビで放送された

【IPPON グランプリ】です!

Logo


漫才の頂点「M-1グランプリ」や、コントの頂点「R-1グランプリ」も大好きですが、
全く別の視点から、もの凄い刺激を受けた番組がこの『IPPON グランプリ』です。

この番組の冒頭で松本人志さんが、

「答えの無いお題に対して、瞬時に笑いを起こすズバ抜けた技術とセンスの高さ…」

みたいなことを仰っておりましたが、まさしくこの大喜利という演目の奥深さと、
これを瞬時に笑いに変えるセンスと回転の速さ、スキルの高さは絶品。
漫才やコントの様に、何度も何度も稽古して完璧に仕上げてステージに立つという
極められた完成品をもって勝負するのではなく、今ここで出された「お題」に対する
スピード勝負と一瞬で爆笑させる技とセンスのせめぎ合い。
僕はそのスピード感にドキドキさせられ、出された答えに大笑いさせられたのでした。

そしてこの「IPPON」という番組は、僕に「笑い」というデザートだけでなく、
これをビジネスと重ね合わせて考えさせてくれる「スパイス」を同時にくれたように感じました。
(僕的にはうまいこと言ったなと自己満足)

僕が今、立っているビジネスのフィールドを大喜利のステージだと例えたら…

きっと社会はたくさんの『お題』を与えてくれる桂歌丸。
このお題とはつまり『ニーズ』であり『チャンス』である。

つまり、たくさんあふれているであろうお題(ニーズ)に対して、大爆笑(大満足)を出せた者が
勝者なのであると考える。

「IPPON グランプリ」のコンセプトと全く同じではないかと思うのである。

誰よりもスピーディーに、たくさんの人たちを大爆笑(大満足)させられたら勝ち上がり!

なんてシンプルなんだろう。

そして、これを成功させるには類いまれなセンスとスキルと決断力と行動力を必要とする。

僕が磨きたいのは小手先の技術力ではなく、

一瞬の判断と表現力で大爆笑を起こせるだけの『センス』と、

そのセンスに絶大な自信をもって世に飛び出していく『決断力と行動力』を磨きたい!!

そして、自分が出した大喜利の答えによって、たくさんの人たちを大爆笑させることができたら…

どんなに気持ちが良いことだろうと妄想してニヤニヤしております。


僕は僕が立っているこのフィールドで、必ず『IPPON !!』獲ってやります!

なるべく早く・・・

Ippon


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »